浅野史郎

浅野 史郎(あさの しろう、1948年2月8日 - )は、日本の元政治家。元厚生官僚。元宮城県知事(在任期間 : 1993年11月21日 - 2005年11月20日)。現在は慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科教授などを務める。宮城県仙台市出身。

2007年4月8日投開票の、東京都知事選挙に出馬する。

浅野史郎はどんな人

浅野史郎

人物

高校3年生の時に受験生への密着リポートとして、地元民放から数ヵ月にわたり取材を受けた体験がある。

厚生省のキャリア官僚時代、障害福祉課長を務めていた経歴から、福祉および介護の分野に詳しい。ホームヘルパーの資格をもっていると誤解をされるほど、熱心に福祉に取り組んできた。ことに知的障害者を、施設ではなく、地域で受け入れていくという「施設解体」の取り組みが先進的であった。

1993年、ゼネコン汚職事件で当時現職の知事だった本間俊太郎が逮捕され辞任したことによる宮城県知事選挙に新生党・日本新党・さきがけ・社民連の推薦を受け立候補し、自民党・社会党・民社党が推薦した前副知事ら3候補を破り初当選。

1997年は既成政党の推薦や支持を受けない"脱政党"を打ち出して出馬し、市川一朗(自民党・新進党・公明推薦)らをダブルスコアで下し再選。

2001年も同様に脱政党を主張し、共産党推薦候補らを大差で下し、3期連続当選した。(この際、自民党は候補者を擁立しない不戦敗戦術をとった)。

2期目と3期目の知事選では、民主党と社民党は勝手連として浅野史郎を支援した。

この宮城県知事としての3期の改革により、"改革派知事"として宮城県のみならず、全国的に知られるようになった。

2005年に宮城県知事を退任後は、東北大学客員教授に就任。2006年4月からは慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科教授として教鞭をとっている。福祉施設関係者の交流と勉強会を兼ねた「アメニティフォーラム」の発起人として当初から参加し、現在もフォーラムの代表として活動している。また、情報番組やワイドショーのテレビおよびラジオ番組にコメンテーターとして多数出演している。

2007年4月8日の東京都知事選挙に関し、民主党から出馬要請があったが、当初は「そのような意思はない」と否定したものの、市民団体(下北沢再開発に反対するSave the 下北沢の若者が中心[1])による勝手連的な出馬要請の市民運動を受けて、2月28日には「真剣に考えていきたい」と前向きな意向を表明した。3月2日、TBSテレビの「みのもんたの朝ズバッ!」に出演して、「覚悟を決めなくちゃいけないだろうなという気はもうかなり強くしている」と述べ、事実上の出馬を表明した。民主党はその後、一時独自候補を擁立する動きも見せたが、3月5日に浅野を支援することで一本化した。浅野側は政党の推薦は受けない方針で、民主党は支援、または勝手連的な支援になると見られる。3月6日になって、東京都庁舎で記者会見し、正式に出馬を表明した。

市民による勝手連的な出馬要請とは、「浅野さんと都民のハートに火をつける会(旧称・浅野史郎さんのハートに火をつける会)」によるもの。

宮城県知事として
県知事就任後、専門分野の福祉政策の振興で宮城県を全国屈指の福祉県にした。(共産党が浅野史郎前宮城県知事が在任中に宮城県の福祉指標が低下したと批判したが、根拠として引用したデータに誤りがあり、実際には低下していないことが判明し、謝罪している。)

自身がマスコミ等の面前で積極的に活動し、宮城県をアピール。宮城県産コメをPRするテレビCMに菅原文太と共演したことも話題になった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』